Extension Power トランス・アーキテクトの特許技術紹介

1. 既存のWebサイトを無改修でCTI化するシステム 特許第5923586号

技術概要

内製ソフトウェア、パッケージ製品、クラウドサービス問わず既に運用中のWebサイトを一切改修すること無くPBXと連携しアドレス帳表示や電話発信、V字発信を実現する技術です。

本技術には以下のメリットがあります。
1. 既存の社内運用中サイトを改修せずにCTI化することが出来ます。
2. インターネット、イントラネットのあらゆるサイトに対しても無改修でCTI化することが出来ます。
3. Webベースの顧客管理サービス(SFA)、名刺管理サービス、グループウェアに対しても無改修でCTI化することが出来ます。
既存のWebサイトを無改修でCTI化するシステム

2. 電話発信方法の選択システムおよびプログラム 特許第5976974号

技術概要

発信メニューより「固定電話機から発信」、「V字発信」を利用者が選択し、選択された発信方法に応じて電話発信を実現にする技術です。

本技術には以下のメリットがあります。
利用者は社内からは固定電話から発信機能を、外出先からはV字発信機能を利用出来ます。

3. 発番号透過および発信者情報表示を行う着信通知システム 特許第6228999号

技術概要

PBX経由の着信の際にスマートフォン内部に連絡先データ登録が無くともExtension Powerから着信情報を通知または取得することにより、発信元電話番号および着信情報を表示する技術です。
本技術のアプローチは通知型と問合わせ型の2種類があり、どちらも特許されています。

従来の技術では以下の課題がありました。
1. 携帯端末内部に電話帳/連絡先データを登録しなければ着信時に発信者名が表示されないため、紛失やデータ盗難のリスクから逃れられない。
2. PBX経由の着信を携帯端末で受けた場合に着信番号として会社PBX番号が表示される。その先の発信元情報がわからないため利便性に課題がある。

本技術には以下のメリットがあります。
1. 携帯端末内に電話帳/連絡先データを登録しなくとも着信情報が表示されるため、セキュリティ効果が高い。
2. 携帯端末から見て、PBX経由で着信した場合の発信者番号が会社PBX番号ではなくオリジナルの発信元番号が表示されるため、誰からの着信であるか視覚的に認識出来る。

(1) 通知型方式

※iPhoneで実現
発信者情報表示を行う着信通知システム 通知型

(2) 問合せ型方式

※Android/Windows10Mobileで実現
発信者情報表示を行う着信通知システム 問合せ型

Extension Power プライムパートナー

Prime Partners

  • 日本電気株式会社
    日本電気株式会社
    スマートネットワーク事業部
    jpn.nec.com
    NECネッツエスアイ株式会社
    NECネッツエスアイ株式会社
    企業ソリューション事業本部
    www.nesic.co.jp
  • 安積電気通信興業株式会社
    安積電気通信興業株式会社
    www.asakacom.jp

Extension Power セールスパートナー

Sales Partners